2010年12月03日

シカの話ラスト

この続き。調べれば調べるほど怖くなってくるし、自分は運がいい方だったと思う。以下アメリカで運転する時のtips。

@昔教習場で教わった、9時10分もしくは10時10分の位置でハンドルを持たないこと。9時15分の位置がいいでしょう。今はそう教わるようです。

Aエアバッグは痛い。10時10分の位置でハンドルを持つと手首が骨折しても不思議ではありません。ハンドルを高い位置に設定していると顔を強打されるので、低めに設定しておく。

B鹿や動物が走行中に出てきた場合には、可愛そうだけど、そのまま突っ込むこと。ハンドルを切って回避しようとしないこと。併走車や後続車と事故になったり、コントロールを失ってより危険。

C安全なところで停止したら、すぐに911で鹿をひいたことを報告する。警察が直ぐに来てくれて事故証明を作ってくれる。これがないと保険が使えない。

DAAAなどアメリカ版JAFに加入していればレッカー手配を依頼する電話をする。レッカー移動は警察もその場から手配してくれますが、費用がすべて実費になってしまうのでAAA の加入をお薦めします。

E保険カード、車検証は当然車に常備。警察の事故証明でも必要。

F修理工場は自分の自宅の近所を指定する。何処にいけばいいのか分からない時は乗っている車のディーラーに運んでもらう。

G携帯電話の電池は常に充電しておく・・・AAAと警察と相当長い間会話しました。


体験談的なものは以下で。

http://oldmoondays.blog41.fc2.com/blog-entry-149.html
http://d.hatena.ne.jp/Mac510/20100810/1281414594
http://www.jlifeus.com/e-news/015/deer.htm


閲覧注意です
【関連する記事】
posted by shohei at 13:56| Comment(0) | life in the US | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。