2010年11月22日

Blake Griffin


1つ目のは相手を使ってさらに高さが増してる

新人の40得点15リバウンドはNB史上4人目の快挙らしけど、ここまでしてもクリッパーズが勝てないのはなぜ…別に応援してないからいいけど、勝てるチームでプレーオフでやってるところを見てみたい。

以下NBA記者の人のtwitterから

アマレ本人からも「自分の若い頃を見ているよう」と言われたBグリフィン。ただ個人的に、二人のダンク(ジャンプ)はタイプが違うと思う。アマレはいつの間にか頂点に到達している超高速ダンクなのに対して、グリフィンはゴムまりが弾むようなダンク。ダンクだけなら若い頃のVカーターに近い。

Bグリフィンのダンクコンテスト出場は(本人が辞退しない限り)確定と言っていいと思う。彼なら、かつてVカーターがやったダンクは全部できそうだ。ただ、同じことをやるだけだと、カーターの時ほど感動しないかも。すごいことなのに。選手の能力アップ以上に、見るほうの要求が上がってるなぁ。

グリフィンがハイライトフィルム的なダンクをこれほど頻繁に見せるのは、たぶん最初の1、2年だけ。盛り上がるけど、体力的には無駄も多いしね。ダンク好きの人は、今のうちにグリフィンのプレーを見ておくべし。クリッパーズの試合は内容的に外れも多いんだけどね。それでも見る価値あり
【関連する記事】
posted by shohei at 09:03| Comment(0) | basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。