2006年09月30日

インターナショナルオリンピック

準決、決勝。

準決は5:30からインドと。バスケをやったこと無い人をマークするのがいかにめんどくさいかが分かった。ある程度経験のある人じゃ絶対しないような動きをするからマークするのが大変。意外にいいとこにいたりするし。あと日本の高校の試合ではあまり無かったけどむやみに体を当ててきてかなり痛い。体格いい人多いし。この試合は後半の開始すぐにコールドに。

2試合目はなんと9:00から。6時過ぎに1試合目が終わったので図書館でご飯を食べてしばし休憩。友達の電卓(グラフが描けるやつ)の使い方に2人で四苦八苦。

8:30ごろに戻って試合に。相手は延長でマレーシアを倒したアジアンアメリカン。といってもチームメンバーの主力は黒人(血は混ざっているらしいけどよくわからない)。この試合も攻めさせてくれてはじめのうちはまあまあ点が取れた。前半は3点差くらい、後半は結局10点差くらいで勝利。

インターナショナルオリンピックでうまい人ともプレーできたし、久々に勝ち負けにこだわる試合ができていつも試合前に感じていた楽しみの混ざった緊張感を味わえることができてよかった。再来週くらいから?も試合があるようなのでけいけんをつみたいなぁ。

最後に気になったことを。太ってきて体に切れがなくなってることが明らかに分かってきた。夏ころできたような動きができなくなってる…やせねば…
posted by shohei at 03:50| diary/photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

昨日に引き続き

木曜日は9時からフレッシュマンオリエンがあるのであまり勉強できず…先週のオリエンは朝ごはんのドーナツをみんなで回して食べるという15分で終わるものだったから、また楽になるかと思ったら今回は卒業単位についてみっちり75分。エコの授業まで残り15分…

テストのある教室について思ったのが電卓が必要だということ。GDPとか失業率を計算するためにいるのだけれどすっかり忘れてて、(゚ロ゚;)ってなったけどいつも入れていることを思い出して安心。そこからノートを読み返してテスト開始。

全部マルティプルチョイスで、こっちではマークシートのことをスキャントランといいます。ほかの授業では自分で用意しないといけないことが多いけれど全部用意してくれていた。何枚か足りなくて問題用紙にかいて提出の人もいたけど。テストは思ったよりもというかかなり楽だった。といいつつへぼってたらまずいけどできたはず。

それで午後は2時から化学。この授業も楽。たまたまとった授業がすべて楽になってしまい、お金を払っているのに得ているの物が少ない気がする…ほかのみんなはフレッシュマンには大変な授業をとってしまっていて大変そう。宿題とかもみんなに比べて少ないからあいた時間になんかやらないとな。ピアノとか自炊とか。この日の授業は水溶液の濃度とモル濃度の計算で終わり。soluteが媒質、solventが溶媒。

このあとはコルビンでインナーナショナルオリンピックの準決、決勝。
posted by shohei at 15:12| diary/photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

初日

初日。

初日のインターナショナルオリンピックはリーグ戦でネパール、アフリカ、マレーシアとリーグ戦。全部10分×2でやると思ってたら20分×2ということに気づいて結構びびった。でも前半で30点差以上つくとコールドで終了だったので助かった。

1試合目のネパールは楽勝。この試合は前半コールドで終了。日本でいうとあんまうまくない中学生くらい?のレベルだったから当然。早めに試合が終わって次にあたるアフリカの試合観戦。5人しかいないけどその中の一人がアンドリューというアメリカ人。実際国は関係ないらしく誰でも出場できるらしかった。そのアンドリューはかなりうまくて誰がマッチアップするのか「若いんだからお前つけよ」っていわれそうでちょい不安。ついてみるのも楽しそうだけど。

2試合目の時間になると相手のアフリカが現れない。さっきアフリカと戦って勝ったマレーシアの選手が近づいてきて「アフリカはトーナメントと思ってたらしくて帰ったよ。」
ということでマレーシアVSネパールを見ながらグダグダ。

3試合目はマレーシアと。前にも書いたようにマレーシア元U21代表(のキャンプに呼ばれて怪我をしてしまったらしい)のクリスはホントにうまい。暇なときにピックアップゲームをしていつも思うけど、実際に真剣に試合をするとさらにうまさが分かった。(「若いんだからお前つけよ」でマッチアップしたから)

クリスは今まで守ったことの無い感じのプレイだった。1ON1で結構やられたけどその分速攻で走って稼げたはず。10点差ぐらいで続いて最後は5点差くらいで勝利。ファールゲームなど今まで経験したことないことも試合中にあって新鮮。そういえばフリースローも違ってた。書くのめんどいからいいや…

ということで全試合(といっても2試合)勝利でグループ1位で通過。

10時ころ試合が終わってその後は11時ころから1時ころまで図書館へ。次の日にテストがあるってことは試合中にはまったく忘れてたから勉強的にはだめだったけど試合的にはよかった。
posted by shohei at 13:23| diary/photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

インターナショナルオリンピック

タイトルにあるように、水木とバスケのインターナショナルオリンピックが開かれます。

これはISOという、大学にある留学生のために事務の手続きなどをしてくれるオフィスが開催するスポーツイベントで、バスケのほかにもサッカーやフラッグフットボールなどがあります。

参加する国はネパール、日本、インド、中国、マレーシア、アメリカ、アフリカ。最後だけ国じゃなく大陸なのが気になりますが…水曜にリーグ戦、木曜にプレイオフという2日で終わる強行スケジュール。

こっちにきてはじめての試合っぽい試合なので結構楽しみにしていたのだけれど問題が…

木曜にエコノミクスのテスト○|‾|_

しかも水曜はPM5:00〜10:00の間に3試合も。終わってかえってきたらすぐ寝そう。勉強しなかんけど…

とりあえずできるだけ楽しもう。ほかの国の人と真剣に試合ができる機会なんてめったに無いし。マレーシアにはUNDER21で国の代表メンバーに選ばれたうまい人もいるし。
posted by shohei at 13:05| diary/photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

超どうでもいいこと

今日ウォルマに行って初めて知ったこと。

日本ではサツマイモを食べ過ぎるとおならがよく出るとされているけど、アメリカのそれはバナナやグレープフルーツだということ。
posted by shohei at 14:36| waffle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

化学のテスト

時間がもうちょっとあればしっかり見直しできたんだけど…

時間過ぎてまでやった後にかっこつけてこうやろうと思ったけど、インターナショナルだから名前バレバレで出来ないなと思いながらやってた…集中できてない証拠
posted by shohei at 08:46| diary/photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

明日は

化学のテスト。

今なら習っているのはAir We Breathe, The Ozone Layer というチャプターでその中にある化学1で習うモル計算や構造式などがメインで出そう。結構簡単そうでその上さらに簡単なものも出そうだからまあまあいけそう。

そのさらに簡単そうというのは単位の入れ替え。こっちの日常生活では度量衡の単位が日本とは違い、長さはinch feet, 重さはons poundを使います。でも化学などの場合には日本を同じようにメートルやグラムを使うので、その単位の違いに苦しんでいるアメリカ人学生が多そう。

この前は10kmは何メートルかとか何ミリかとかいう問題がquizで出題されてかなり楽だった。慣れてるから簡単かもしれないけど、生まれてからずっと違う単位を使ってきているのだから混乱するのかな。確かにこっちに来てからの間で日常生活における単位の違いには戸惑ったし。

とりあえず明日はがんばるのみ。
posted by shohei at 13:06| study | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

懐かしの

夏休み中にロデオを見に行ったときの写真

cimg0522.jpg


cimg0524.jpg


cimg0528.jpg


場所はOKCにあるフォードセンター。ほぼ最上階から見ていたのでよく分からなかったけれど、間近でとった映像を見るととにかく牛がでかい。ロデオ専用の牛っぽくてデジカメで見てもかなり迫力があった。
posted by shohei at 07:09| diary/photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

ついに

秋学期開始から1ヶ月。

授業には慣れてきたけど生活に未だ慣れない感じ。授業が終わると大体昼寝してしまう…月金は3時間しかなくて12:30で授業終了。水はその後に3時間の化学のラボ。これも共同作業でやってるから2時間くらいで終わる。

火木は10:30からの経済と2:30の化学で終了。間に微妙な時間があって勉強する気にもなれなくて寝てしまう。その間にブログ更新しろって言われるけど

今週は木に化学のテストがあるけど何とかなりそうな感じ。今やってるのは化学1の最初のほう。電子とか構造式とか。ちなみに構造式はLewis Structureっていいます。

そういえばほかの教科でもちょっと日本で習ったのとは違うなって言うのがあるのでそれをこれからは書いていこうかな…
posted by shohei at 10:36| study | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

テスト返却

今日はテスト返却。

高校時代のように一人ずつに返して、喜んだりへこんだりするのかと思ったけどテストの束を回して自分のを取っていくだけ…100人もいるんだから当たり前か。

一番後ろから回し始めたので最前列に座っている自分に回ってきたのはかなりあとのほう。その間に平均は66点で、初めてのテストにしてはまぁまぁ見たいな事を言ってた。残り少ない束を見ると97と書いてある答案があってアメリカ人も言われるほど数学ができないわけではないんだなぁと思った。

自分のを探していると見慣れた自分の数字が。しかし!別の答案に97と書いてあった場所に何も書いていない…しかも答案を見ると×しか書いていない(゚ロ゚;)(゚ロ゚;)英語を理解できてなかったのか!?と思ってこの時点で手には汗が…

そのまま裏を見るとそこにも×だけ(゚ロ゚;)やばいと思って下を見てみると
−0   100と書いてあった(´・ω・`)この時点でようやく安心。こっちでは×が正解マークらしい。(×というかはねるマーク、ナイキみたいな)97と書いてあったのはID番号を書き間違えた生徒の回答を教授が直しただけだった。Tの自分より遅いんだから大きいナンバーなんだと納得。

正直かなりびびったけどなんだかんだでよかった。これで全部の教科にあいてなんか安心できた気がする。水曜の日記で書いたAもこれなら取れそう。とりあえず今はやるべきことをやるのみ。
posted by shohei at 09:33| study | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

テスト!

この日はCollege Algebraのテスト。

シラバスを見る限り成績でAをとるのはかなり難しく感じる。この授業のAはテスト4回分で400点と宿題分100点の計500点のうち9割を取らないといけない。

宿題は毎日20題ほど与えられて、それを3回分まとめて提出し、その中からランダムに10題採点される。問題はかなり易しい(高1程度)けれど計算ミスしてるかもしれないのが不安。同じ作業ばかりの繰り返しで集中力が切れてそうなところの問題が採点されることもあるし。今のところ9/11、10/10。

今のところ宿題は9割くらいだから、テストだけは何としてももっといい成績をとらないといけないと思って今日のテストへ。どんなに簡単でも9割を取るのはまあまあ大変なことだと思う。

graphing utilityというグラフが描ける計算機を使うのだけれど日本で使ったことがなく、慣れていないので逆にめんどくさい。これを使いこなせるようになればかなり役立つはずなんだけれど、いまは単純なグラフを描くだけ。50分のテストで早い人は15分くらいで出て行ってかなりあせったけど気にせずに残り10分くらいで退席。3回は見直したけど計算ミスは怖い…

とりあえず金曜に返ってくるらしいのでそれまではどきどき…
posted by shohei at 04:29| diary/photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

教会

で毎週日曜にバイブルスタディーといって聖書の勉強会を開いてくれてます。アメリカにせっかくいるんだから日本にいてはできないようなことをしようと思って先週からいってます。

今通っている教会はStillwater Church of Christというところで毎回車で送り迎えしてくれたり英語が下手でも温かく迎えてくれるとても親切な人たちです。
posted by shohei at 11:58| life in the US | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

久しぶりに…

成長過程を。

・映画「ダヴィンチコード」を見たけど、バックグラウンドが乏しいのも原因だけれどトムハンクスの話す英語がまったく分からない…かといってほかの役者の英語が聞き取れたかというと疑問。というか聞き取れてない。

・アメリカ人同士の会話を耳に挟むと早すぎてわからない。

・留学する前は2週間くらいいればこうなるだろうと思っていたレベルくらいにいる…3ヶ月も経ってるのに。
posted by shohei at 11:44| English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

一番聞くかもしれないフレーズ

bless you   意味:?

アメリカ人がクシャミをしたら周りの人がこういうっていうのは、日本にいるときにも習っていてホントにそういうのかなとは思っていたんだけど、ホントに言います。アメリカ人というよりはクリスチャンなんだけど。授業中とか生徒がクシャミをすると必ず周りの誰かが言います。下手したら教授とか2〜3人の生徒が「bless you」って言います。「God bless you.」も多々あり。

こっちの人はクシャミを「ハックション」とは出さずに、「ハック」ぐらいで止めます。というか止めようとします。たまにそのせいで変なクシャミになってる人がいるけど。クシャミをすると幸運が逃げてしまうと信じられている?から?クリスチャンじゃない自分が言うのは本当のクリスチャンにとってはどう聞こえるんだろう…
posted by shohei at 11:30| English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

写真

img20060908.jpg


大学内にある池。アヒルがたくさんいたりたまに釣りをしてるおじさんがいます。
posted by shohei at 14:04| diary/photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

大学の建物紹介?

cimg0733.jpg

NOBLE RESERACH CENTER


ELIにいってた時期は毎日横を通ったけれど、最近はまったく。1度親が来たときに中に入ったけれど詳細は不明。今までブログで紹介したいくつかの建物はほとんどが赤レンガで覆われているのに対して、この建物はなんか趣が違います。各国の国旗がたなびいてます。
posted by shohei at 14:28| diary/photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

久しぶりに

You bet. 意味:どういたしまして

こっちにきてからthank youに対する返事をいろいろ習ったけれど、これは今日初めて。このフレーズのほかの使い方はこちら

これを聞いたのはEconomicsの教授から。木曜日に早くもグループプレゼンがあって自分がいるグループは一番初めに発表することになってしまった。自分も発表しなければいけなくてどうすればいいのか分からず、オフィスアワーに聞きに言ってthank youを言ったらこう返してきた。早く原稿を書かないと〆(゚ロ゚;)

posted by shohei at 06:45| English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

ウォルマ内の

OSUグッズ売り場。
dsc00185.jpg


見ての通りオレンジ一色。

ウォルマ内にコーナーが設けられています。きっとほかの大学に近いウォルマではその大学のグッズが売ってるんだと思います。OSUグッズで生活しようと思えば食料品以外は多分そろえられそう。右上に写っている布団とか。おしゃぶりまで売っているそうで、「ゆりかごから墓場まで」OSUグッズで生活できそうです。
posted by shohei at 10:40| life in the US | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

世界バスケ

ついにアメリカ敗退…

今回のチームは、前回の世界選手権やアテネオリンピックの雪辱を晴らすべく集められ、今までよりも長くチーム練習を重ねて磐石の状態で今大会に望んだはずだった。ヨーロッパ勢やアルゼンチンなどもそれ以上に力をつけてくるかもしれないけれど、結局はアメリカが優勝するだろうというのが大方の味方だったと思う。

しかし蓋を開けてみると、アメリカに大きな変化は見られなかった。予選は無傷で突破したものの、イタリア戦で見られたようにたまたまシュートが好調だったから勝てたのではないかという試合もあった。勝つべくして勝ったとはいえないような試合だった。

負けてしまったギリシャ戦では国際ルールに対応できていないアメリカの弱さが目立った気がする。オフェンスではゾーンディフェンスを攻めきれず外からのシュート連発。そしてなかなか決まらずに個人技で得点を重ねるように。こっちの解説者が何回も「1on5」と言っていたのが印象に残った。確かに個人技では勝てるかもしれないけれどチームvs個人になったときには勝敗は明らか。またセンターらしいセンターがいないのもメンバー召集時から疑問が残った。

ディフェンスでは、特にギリシャ戦ではハイポジションからのピック&ロールに対応できていなかった。掛け方がうまかったのもあるけれど、すぐにスイッチしてしまい、センターがガードをディフェンスすることになり、確率のよくない3Pシューターにファールをしてしまったり、ロールしたセンターがインサイドで簡単にパスをもらってシュートを決めるシーンが何回も見られた。NBAで慣れているはずなのに対応できなかったのはアメリカの弱さを物語っているのかも。ゾーンに切り替えられなかったのも敗因のひとつ。

そしてギリシャにとってよかったのはシュート%が非常に高かったこと。予選とは違いelimination roundと呼ばれるだけあって、勝てば良しの決勝ラウンドでは運も味方につけないといけない。
posted by shohei at 13:56| basketball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。